ちょっと待って!水没させてしまったスマホを修理に出す前にすべきこととは?!

まずは乾かすところから始めよう

スマホを水没させてしまった場合、その直後にはスマホが作動しないことが多いと言えます。また、完全に乾いていない状態で電源を入れると、更なる故障の原因になりますので、避けるべき行為の一つなのは間違いありません。けれど、すぐに修理に出してしまうのではなく、一旦、落ち着いてスマホを乾かすことが大切です。水分を拭き、時間をかけて完全に乾かした後、電源が入るかどうか、そしてスマホが作動するかどうかを確かめます。全く電源が入らないという場合もありますが、一時的でもスマホが使える様になるということもあります。上手くスマホを起動させられれば、データのバックアップをとることも出来ますし、スマホの調子を確認することも可能ですから、まずは、しっかりとスマホを乾かすところから始めるのが得策と言えます。

防水機能とダメージを確認しよう

スマホを完全に水没させてしまった場合はもちろん、多少の水がかかってしまった時にもヒヤリとしてしまうことは多いものです。というのも、やはりスマホが精密機械に分類されるからです。ただ、防水対応のスマホも増えているので、対応機種であれば多少の水分がかかってしまっても影響がないということも考えられます。まずは、自分のスマホに防水機能が付いているのかどうか、改めて確認することが大切になります。また、防水機能が付いていても、水没した場合にはスマホが作動しなくなってしまうということもありますし、防水機能は付いていなかったものの、水没後も何とか使えるといったこともあります。あくまで、その時々で結果は変わって来ますので、まずは落ち着いて、水以外に衝撃などのダメージを受けていないかスマホの状態を確認することが大切になります。

スマホ修理でよくあるのは、雨に濡れたり洗濯機で洗ってしまったりした場合の水没修理です。水没は分解作業が必要な場合が多く修理に時間がかかることもあります。